縮毛矯正かヘアアイロンか

ヘアアイロンを使う時の注意点

ヘアアイロンでスタイリングをする時には、まずは心得ておかなくてはいけないのは、ヘアアイロンを使う事は、髪を傷める行為である、と言う事を知っておくことです。どんなに頑張っても髪は傷みます。ただ出来る事は痛みを最小限に抑える努力です。リピーター続出の美容室ですからヘアアイロンをする時には、必ず髪を守りながら使う事をしなくてはいけません。縮毛矯正だと髪が傷むから、と縮毛矯正を辞めておきながら、ヘアアイロンで髪を傷めてしまうような結果になってしまっては残念ですからね。ヘアアイロンを使うメリットは、縮毛矯正のリスクを回避する事ですし、日頃の自分のヘアの様子を見ながら使い方を調整できることです。ヘアアイロンだから大丈夫、という考えはやめた方がいいですね。まずは髪が濡れた状態でヘアアイロンをあてるのは厳禁です。それはきれいなストレートヘアにならない、と言う事も有りますが、髪に残っている水分がアイロンで熱せられて高温の水蒸気が発生し、髪を傷めてしまいますし、顔にやけどを負う可能性も有ります。ヘアアイロンを使う時には、まずは髪の毛のダメージを抑えるためのトリートメントやスタイリング剤を付けて、そして良く乾かしておくことが大切になります。川口 美容室朝の忙しい時間帯にヘアアイロンを使う事が多いと思いますが、焦るとかえってダメージや事故の危険性があります。